検索

4/6資源エネルギー調査会で有識者に質問!

今日は午前中の議院運営委員会と、本会議に加え、国会対策会議に出席。昼前後の2省庁の法案レクチャーを受け、そして午後は災害部会に部会長として出席し、予測される三大巨大地震(他に首都直下・南海トラフ)の一つ「日本海溝・千島海溝地震特別措置法改正案」について論議しました。議員立法に向けて準備しています。


午後には、理事を務める資源エネルギーに関する調査会の参考人質疑に臨みました。ウクライナ情勢は目下のところ、対立が激化し停戦が遠のいているといわれており、大変心配です。

世界中にその影響は少なからず出てきています。我が国のエネルギー事情も例外ではありません。

2月24日の記者会見での松野官房長官からは、ウクライナ侵攻で日本のエネルギーは「懸念ない」と強調されたものの、直近、3月23日の政府の経済財政諮問会議では、民間議員より「化石燃料への依存度を下げるべき」などの提言が出されました。

ウクライナ危機でエネルギー価格が高騰しているのです。日本のエネルギーの脆弱性を浮き彫りにするかたちとなっており、政府の見解は楽観的過ぎるのではないかとこちらも大変心配です。

こうしたことを踏まえて、今日は著名な専門家(下記3名)よりヒアリングを行い質疑に臨んでおります。

6月中旬までとされる国会は中盤にさしかかっていますが、どの問題も精力的に取り組んでおります!


私の持ち時間は10分ですので是非動画でご覧下さい!

参議院審議中継

https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php?sid=6803#4612.7


〈参考人〉

一般財団法人日本エネルギー経済研究所/専務理事・首席研究員

小山 堅 氏


公益財団法人笹川平和財団主任研究員

畔蒜 泰助 氏


立教大学経済学部教授

蓮見 雄 氏